イベント・研修・活動記録
   NPO法人ふれあいまちむら興し塾の活動
     
 NPO法人ふれあいまちむら興し塾
《 全国ふれあい体験記 
》 
 

神奈川県 藤野のやま里 和田の里体験センター  
【 マイ箸作り&うどん打ち体験記 】

東洋大学 国際地域学部 観光学科 
2年 吉田 彩さん、朝山 光葉さん、大賀さん
 期日 2017年4月8日 土 雨時々曇 
   
 うどん打ち  自分たち打ったうどんを試食
思わず「おいしい」
   
 マイ箸作り   和田の里体験センター に到着
 
 地元の方々と記念撮影
 
 庄内 最上川旅情 
【 銀山温泉とそば打ち&こたつ舟下り体験記 】
 東洋大学 国際地域学部 観光学科 1年 吉田 彩
   期 日 2017年2月27日・28日 
 
 練り終了。形を整えて
 
  切り。 慎重に 細く  延ばし
   
 こたつ舟  はい。ポーズ
 
 「第42回プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」 
表彰式のお手伝い報告
 
  期 日 2017年 1月19日・20日
   場 所 新宿京王プラザホテル
   
 表彰式の参加者に配る資料作り  当日、お迎えの時の手順・注意
 
【おじったもんせ(いらっしゃい)】 
鹿児島民泊ふれあい体験日記
日程  2016年3月8日〜3月11日
  東洋大学観光学科2年生3人で、鹿児島県日置市吹上町と日吉町
 の農家を訪ね、民泊をして、いろいろな体験・地元料理堪能、地域
 の名所探訪と城山観光ホテル泊の、徒然地元の人たちと心温まるふ
 れあい体験日記。
 
 体験指導 西園さんご夫婦  民泊先 鳩野さんご夫婦
  
  NPO法人ふれあいまちむら興し塾の事業
 《 全国各地の活性化のお手伝いする活動
 の紹介
   期 間 2016年4月29日〜5月5日 
 【 広島県宮島の平安衣装に扮してのPR活動 】
 場 所 東京スカイツリー5F
「Beautiful NIPPON」
    全国観光PRコーナー
 
 
 
【 宮島ホテルまことインターンシップ 奮闘記 】
  東洋大学 国際観光学科
   2学年 
金谷千波さん
 
   期 間 2016年3月22日〜3月27日
  ◇ 夏休みインターシップ・海外研修体験記
    東洋大学 国際観光学科 矢板裕奈 さん
      宮島ホテル まこと インターシップ体験   
    東洋大学 国際観光学科 清水りぼん さん
  短期語学留学体験
   カナダ Kamloops  
    東洋大学 国際観光学科 金谷千波 さん
  語学研修&インターシップ体験フイリッピン
   マクタン島 Jパークホテル
 
 
 ◇ 2015年8月22日
    神奈川県相模原市緑区相模湖畔 藤野
    『ふじの自産自消を楽しむ会』活動
 
      そば・大根・人参の種まき体験記録
 
 ◇ 2015年8月2日 
   神奈川県相模原市緑区相模湖畔 藤野
    津久井青年会議所様親子日帰り体験会
      じゃがいも掘り・うどん打ち他お手伝い奮闘記録
    学生のお手伝い初体験の感想手記
 
  ◇ 2015年7月17日  場所 東洋大学1号館食堂
    NPO法人ふれあいまちむら興し塾へ加入
               説明会・意見交換会 記録 
  
 ◇ 2015年4月27日     
  東洋大学サークル「Galbo」&交流会『まちむら興し塾』
     への加入お誘い説明会
        & 第118回『まちむら興し塾』 記録  
 
  2012年『ふじの自産自消を楽しむ会』イベント一覧
2012年『ふじの自産自消を楽しむ会』 イベント記録 
開催日  内   容
0818   そばの種まき、地粉うどん打ち、野菜収穫
0707    大豆・小豆の種まき、夏野菜収穫
0624   小麦の刈り取り、バーベキュー、じゃがいも掘り
0512    里いも、なす、きゅうり、かぼちゃ 植えつけ
0429    ししとう、なす、きゅうり、とまと、すいか植えつけ
0317    山菜採り、そばうち、竹とんぼ作り
0121   豆腐作り、猪鍋、マイ箸作り
   
 2012年 7月 7日(土)
 『ふじの自産自消を楽しむ会』 
 大豆・小豆の種まきと夏野菜収穫
   詳 細 記 録

  天気予報は雨

 一日、何とか、雨にふられずに作業ができました。

 本日は、大豆と小豆の種蒔き。

 まず、生い茂る草取りをして畑作りからスタートです。

  そばの花の間に、幹が1pくらい、高さが1m50p位まで、
 まるで木のような草に覆われた場所に入り込む。

 草取りというよりは草抜きの始まりです。

 この草取りが大変な作業。
 抜けども、抜けども、まだまだ。
 刈り取った重い草を積み上げる。

 少しずつながら、、畑となる場所が広がり、整地を。

 小型の耕耘機が出動。
  学生が永井さんから、動かし方の指導を受け、始めて挑戦。
 最初は、振り回されていたようですが、すぐ、全員がマスター。

  耕耘機で耕した後は、肥料を一面にまく。

 鍬で、浅く、畝を作り、そして、3粒ずつ、丁寧に種をまき、
 土をかぶせて、作業が終了。

 最後に、恒例の野菜収穫。
 その前に、スイカ畑の草取りが始まり、スイカの蔓をたぐると、
 幾つかスイカの小さな実を発見。

 慎重に、蔓にからんでいる草を取り除いて、麦わらを敷き、そ
 の上に1個ずつ、乗せて作業完了。

 ⇒ 麦わらに乗せて、収穫を楽しみにしていたのですが、全部
   はくびしんに食べられ、全滅したとの報告。
   「がっかり」でした。 はくびしんメと怒っても・・・・。

   
 大豆畑 耕す  肥料まき
   
 畝って、溝を掘り 種まき  大豆の種
   
 じゃがいも 分配  収穫雇いとじゃがいも
 2012年6月24日(日)
      『ふじの自産自消を楽しむ会』 
 
 小麦の刈り取り・バーベキュー・じゃがいも掘り
  
     細 記 録  
 
  天気は曇り

 暑からず、寒からず、農作業するには最高の天候

  参加者は今年、会員になったご夫婦、今回で3回目目参加の
 樋口さん親子3人、松蔭大学の古賀先生と学生3人、東洋大学
 生2人、相模原市 から農業愛好者の2人、その他埼玉県蓮田
 から1人、受入スタッフ3人の総勢16人。

  急斜面の小麦畑をみるみる、「サクサク」ともくもく刈り取る、
 光景は田舎の風情そのものです。

  汗、びっしょりになりながら、刈り取り、束ね、積み上げの作
 業は13時頃無事、終了。

 その後は、農園の檜の木の木陰でお楽しみバーベキュー。
 堀りたてのじゃがいも登場。

 最後に、じゃがいも収穫をして、一日の業を終了。

 非常に充実した快汗体験でした。

 この日の収穫量は約150s。(精麦したら120s?)
 
  これからは、この小麦を使って、自慢の地粉で、うどん打ちや
 ピザ作りができます。
   
刈り取り  刈り取り 
   
皆さん一生懸命  束ねて、積み上げ 
   
 バーベキュータイム  取れたてのきゆうりを試食
  2012年 5月12日(土)
 『ふじの自産自消を楽しむ会』
 なす、とまと、ししとうの苗植えと落花生の種まき&小麦の穂
   苗植え・種まき体験記録 小麦畑とじゃがいも畑風景
 
 さわやかな風が吹き抜け 葉の緑が色濃くなり、ツツジの花が彩
 りを添える五月

 吉野農園の麦畑には、穂が風に揺れて、6月の収穫までしばし。

  今日は、2012年度の会員になられた小林さんと、特別参加
 の海老名市からM嬢と東京からのSさんといつもの、みちくさの
 会会長の小林さんと藤野経済観光課から、永井主幹と小川さんと
 運営委員の岩崎さんと、合計7人での作業となった。

  植え付ける畑の草を取り、苗をていねいに植え、肥料を苗の左
 右にまき、最後に土寄せだ。

 落花生の種はアーモンドくらいの大きさだ。
 30p間隔で、三四粒ずつ蒔き、肥料をまき土をかぶせて終了。
 一粒の種から20〜30粒が獲れるとか!!

  じゃがいも畑には、じゃがいもの背丈と同じくらいに生えて
 いる草取りというより、草抜きという表現が、ぴったり。

  これがかなりの重労働。
  その日のうちから、筋肉痛となる。

  昼食は、藤野産の自産そのもののそば粉を使い、そばを打つ
 小林さんも、M嬢もSさんも、そば打ちは初めて。

  しっかり歯ごたえがある。そばが打ち上がり、シンプルにネ
 ギの薬味だけで、そばの香りと一緒に、参加者全員で舌鼓。

  昼食後、にわか雨に降られましたが、約1時間、草取り作業を
 して、本日の全作業は終了です。
    
じゃがいも畑で草取り  みごとに成長した小麦 
   
なすの植えつけ  落花生の種 
   
 ししとうの苗 とまとの苗 
   
とまとの苗植え   とまとの苗植え
 4月29日(日) 
     『ふじの自産自消を楽しむ会』
 
  なす、きゅうり、とまと、かぼちゃ、さといも、スイカ、
  ゴーヤの苗植え
  苗植え体験詳細記録

  初夏を思わせる、清々しい日より 気温23℃

   先ず午前中は、うっそうと伸びた、草刈りから

  今年、草ぼうぼうの畑を掘り返して、苗植えをする土壌作り。

  掘り起こした後は、ひたすら、草取り。

  そして、草取りが終わった畑に、苗を植え、肥料をまき、水
  をかけて終了。

  あとは、収穫の日まで、草取り、草取り。
 
  
 畑作り 本日のウエル苗
きゅうりの苗 ゴーヤの苗
すいか 赤 苗 すいか 黄色 苗
とまとの苗 なすの苗
 3月17日(土)
 第6回『ふじの自産自消を楽しむ会』 モニターツアー
 山菜採り・山菜料理作り・そば打ち・竹とんぼ作り体験同行記録
 
 本日のご参加者は神奈川県観光課の樋口さん一家5人と、

 NPO法人ふれあいまちむら興し塾の理事の岡野さん、村瀬さん
 の7人。

 この日の土曜日も、2週連続での小雨


 先ずは、小雨の合間をぬって、名倉地区と吉野農園で
 ふきのとう摘みに挑戦

栗園内でふきのとう摘み 摘んだふきのとうを袋に

 その後、和田の里体験センター に到着

、 昨年収穫したそば粉を使いそば打ち体験、
 雨で水加減が難しい!!

 手早く、そばが打ち上がり、早速、試食タイム

  副菜はもちろんふきのとうとサツマイモ、しその実の天ぷら
 更に、藤野特性ふきのとうの味噌和え
 山菜炊き込み餅米ご飯 

  そばの歯ごたえもよく、少々苦みがあるふきのとうと甘いさ
 つまいも、香りいっぱいのしその実の天ぷら

 と、

  砂糖と酢を少々、味噌を加え、そこにふきのとう入れて和えた、
 「ふきのとう味噌和え」のできあがり。 

 適度な甘さに味噌がからまった、抜群の味付け。
 もちろん「おいしい」と大好評

 大満足の昼食でした。


そば打ち 切り 打ち上がりそば と
ふきのとうの味噌和え

  お腹がふくれた後に、じゃがいもの植え付け体験を予定してい
 たのですが、雨で中止。

 その替わりに、屋内で竹とんぼ作りとなりました。
 羽のバランスの削り方が微妙
 苦労しながら、真剣なまなざしで、30分くらいで完成。

 師匠が最後の調整をして

竹の中心に切り込みを入れる 4月に4歳のはるかちゃんも奮闘

 早速、飛ばしっこ。

 お子様はもちろんのこと、大人も童心に返り、曇り空に向けて
 大喜びで、何度も、何度も、手をひねり、思い切り前に押し出し

 いつまでも楽しんでおられました。


プロジェクト推進役の藤野経済観光課永井さんも竹とんぼ飛ばし  県観光課の樋口さんのご両親 
できばえに思わず笑顔
 1月21日(土) 
 ふじの自産自消を楽しむ会』 第5回 モニターツアー
  豆腐作り・猪鍋を試食 体験記録

  あいにくの雪交じりの天候で、麦踏みは中止

  藤野中央公民館の調理室で、豆腐作り挑戦

   にがりの分量の調整がうまくいかず、なかなか固まらず、焦
  りましたが、ビギナーながら、何とかおいしい豆腐ができあが
  り、早速、味見。
  
  好評のうちに第5回会員募集モニターツアー終了しました。

  おみやげは、豆腐作りの副産物、おからでした。